医療用ウィッグStory - ウィッグのシャンプー方法 2/3 (シャンプー&コンディショニング)

ブログTOP > ウィッグのシャンプーの仕方について > ウィッグのシャンプー方法 2/3 (シャンプー&コンディショニング)

ウィッグのシャンプー方法 2/3 (シャンプー&コンディショニング)

今回は医療用ウィッグの『ウィッグのシャンプー&コンディショニング(リンス)』についてお話します。(前回は◆シャンプー前のちょっとひと手間をお話しました。次回は◆乾かし方をお伝えする予定です。)

はじめて医療用ウィッグのシャンプーをされる場合には、「自毛と同じようにすればいいの?」「それとも特別なやり方があるの?」「ちょっと大変なのかしら?」と「?」がたくさん出てくるかと思います。しかしポイントさえ押さえれば、意外と短時間で簡単にできます!

まずはシャンプー&コンディショニング(リンス)はなぜするのか?

一番の目的はウィッグについた汚れやニオイを取ることです。医療用ウィッグは直接肌に触れるものですので、清潔にしておきたいですよね。

次にどれくらいのペースですればいいのでしょうか?

シャンプー&コンディショニング(リンス)だいたい1週間から10日に1回のペースで行なってください。たくさん汗をかいて気になる場合は1週間を待たずにシャンプー&コンディショニング(リンス)しても大丈夫です。季節や汗のかき具合で臨機応変にしてくださいね。ただシャンプーのしすぎはウィッグの傷む原因になりますのでご注意くださいませ。

用意するものは…

◆シャンプー

◆コンディショナー(リンス)

◆洗い桶

◆目の粗いくし

◆タオル

シャンプー&コンディショナーは専用品だとより安心ですが、お好みの市販品でも成分にあまり変わりはないので、人毛100%、MIX毛、人工毛100%でも問題なく使用していただけますよ。ちなみにStory(ストーリー)の医療用ウィッグは人毛30%+人工毛(形状安定耐熱毛)70%のミックスです。

医療用ウィッグ専門店《Story(ストーリー)》では専用シャンプーとコンディショナーをご用意しています。無香料ですので、市販品の香料が気になる方にはオススメです。

《Story(ストーリー)》オリジナルの 無香料のシャンプーコンディショナー(リンス)

ではシャンプー&コンディショニング(リンス)をはじめましょう。

まずは前回お話をした手ぐしや目の粗いブラシなどで毛の流れを整えるを行ってください。

1 <シャンプーの準備> 洗い桶に水またはぬるま湯を溜め、シャンプーを2プッシュ程度入れてよく溶かします(※シャンプーを直接ウィッグにつけて泡立てないでください。毛のからみの原因になります。)

2 <洗う> 毛の流れを整えたウィッグを1の洗い桶のそっと浸します。優しく押し洗いをしてください。イメージとしてはホームクリーニングで、おしゃれ着を洗う感覚に近いでしょうか。目の粗いくしで毛の流れに沿ってとかしたりするのもいいですね。(ネット部分の汚れやニオイが気になる場合は数分間、つけおき洗いするのも効果的です。)

3 <すすぐ> 2の桶の水を流し、すすぎ用のきれいな水を溜め、水を入れ替えて2回すすぎます。(※すすぎ時に蛇口からの流水で直接流さないでください。水の勢いで毛がからんでしまうことがあります。)

4 <コンディショニング(リンス)> 洗い桶に水またはぬるま湯を溜め、コンディショナー(リンス)を3プッシュ程度入れてよく溶かします。(髪の長さによって調節してください)そして2と同じように優しく押し洗いをしてください。

5 <かるくすすぐ> すすぎ用のきれいな水を溜めてすすぎます。コンディショナー(リンス)はすすぎ過ぎるとウィッグの持つ潤いまで全てなくなってしまうので、軽くすすぐ程度にしてください。

6 <水気を取る> あまりねじらないように、ぎゅっと絞ります。恐がらずにしっかりと水気を絞り取ってくださいね。その後、タオルに挟んで残った水気を吸わせるように、やさしく押して、水気を取ってください。(※タオルでゴシゴシ拭くことは、からみの原因になりますので注意してくださいね。) 

↑ 画像では見えにくいですが、力を入れて少しねじるように絞っています

↑ 残った水気はタオルに包んで、押すようにして水気を取ります

これでシャンプー&コンディショニング(リンス)はおしまいです。いかがでしたか?

意外と簡単ですよね。

注意事項としては…

◆必ず、シャンプー後には、コンディショニング(リンス)をセットで行なってください◆

ウィッグにとって乾燥は最大の敵、静電気による絡みを防ぐためにも十分な油分を補っていただくケアが必要です。シャンプー&コンディショニング(リンス)後は次回の乾かし方でお話しますリキッドオイルケア(洗い流さないトリートメント)を必ず行なってください。自宅で自分で気軽にお手入れできるのがウィッグの魅力だと思います。楽しみながらしてくださいね。

次回は◆ウィッグのシャンプー3/3(乾かし方)をお話したいと思いますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 医療用ウィッグStory(ストーリー)

電話  044-589-4411
営業時間 平日9:30~16:00

https://www.carewig.com/

メールお問合せ窓口

https://www.carewig.com/info/contact.html

★質問などお気軽にお問い合わせ下さい★

関連記事 ◆シャンプー前のちょっとひと手間

◆乾かし方

ブログTOP > ウィッグのシャンプーの仕方について > ウィッグのシャンプー方法 2/3 (シャンプー&コンディショニング)

最新の記事


このページの一番上へ