医療用ウィッグStory - 手植えと機械植えの違い

ブログTOP > 医療用ウィッグ豆知識 > 手植えと機械植えの違い

手植えと機械植えの違い

手植え裏側今回のテーマは機械植えと手植えの違い」です。医療用ウィッグには髪の植え方が機械式と手植え式があるのはご存知ですか?ウィッグ購入の際には重要なポイントのひとつになりますので、是非チェックしてくださいね。

機械植え機械式は一定方向で植えるので、毛の流れが不自然に見えることがありますが、髪がまっすぐきれいに植えられる特性があるのでストレートスタイルに向いています。ファッションウィッグに用いられることが多いようです。

また、つむじ部分だけが手植えでそれ以外は機械植えという半機械式もあります。

手植えの場合は、薄いネット(ベース部分)につむじを基点として自然に見えるよう毛の向きを整えながら、1本づつ丁寧に植えていきます。全て手作業なので、当然ながら機械式よりコストは高くなります。その自然さから医療用ウィッグは手植えで製作されているものが多いようです。

医療用ウィッグの購入を考えた場合、「髪の植え方」の他に「髪の種類」、「人工肌の大きさや素材」などの機能性の確認することも大切だと思います。もちろんスタイルも重要ですよね。

Story(ストーリー)のウィッグはというと、全て手作業の「総手植え」です。人工肌は業界最大の17センチの薄手の素材ですので見た目がとても自然です。ちなみに髪は人毛30パーセント人工毛70パーセントなのでスタイルをキープしやすく扱いも簡単です。(詳しくはこちら製品の特長をご覧くださいませ。)

初めて医療用ウィッグをご購入される場合には様々なご不安や、わからないことがたくさんあると思いますが、医療用ウィッグStory(ストーリー)ではそんなご不安を解消していただけるように、メールや電話でのお問合せをお待ちしています♪ぜひお気軽にご連絡下さいね。

 医療用ウィッグStory(ストーリー)

電話  044-589-4411
営業時間 平日9:30~16:00

https://www.carewig.com/

メールお問合せ窓口

https://www.carewig.com/info/contact.html

★質問などお気軽にお問い合わせ下さい★

ブログTOP > 医療用ウィッグ豆知識 > 手植えと機械植えの違い

最新の記事


このページの一番上へ